« SVJEN 起業家トーク | Main | 医薬品業界におけるイノベーションのパラドックス »

March 01, 2004

Comments

maida01

何時も感心させられるお話ですね。私は未だBlogを始めて3週間ですが、皆さんのお話は参考になります。

ネットワークの発達によって、世界中と情報のやり取りが出来るようになり、コモディティ化された生産部分が、オフショアに流れていくのだと考えています。
ソフトウェアはデジタル成果物ということで、オフショアになる要素は非常に高いのに、要求仕様の明確化、要求の変更の方法、成果物の検収などの問題が山積していますね。特に日本では言葉の問題と、要求を明確にしないという文化が邪魔をしていると思います。
この辺を解決できると大きなビジネスになると考えています。

Tomomi

maida01さん、

おっしゃる通り、こちらに来てみて、アメリカ人はプロジェクトをパイプラインに落としこむ(=モジュール化する、と言い換えることもできるかも?)のがうまいのかなぁ。。。と思って見ています。
ただ、このblogで敢えて「じゃあ日本ではどうなるか」にあまり言及していない理由として、私自身が、オフショアの現場を体験していないので、実際のところ、ナニが問題なのか、ピンと来ていないから、というのもありまして。
そこは今後の課題だと考えていますので、追々掘り下げて行くつもりです。
ちなみに、色々な国とのオフショアを体験している友人が「日本人の品質に対するこだわりは世界一。だからそのうち日本のやり方が見直される。」と言っているので、もし良かったらそちらもご覧ください。
http://www.myprofile.ne.jp/_green-bamari+diary+2004+1

The comments to this entry are closed.

January 2010

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Photo Albums

Blog powered by Typepad